Latest Posts

食堂・居間

FH054_L
食堂や居間は、足腰が弱くなったときでも、立ったり座ったりしやすい椅子を使う洋式にすると長く生活を自立できます。今まで畳に座って生活していた人は、和式でもかまいません。畳に椅子を置くこともできます。なお、足腰が弱ると、動作が不安定になりやすいので、つい何にでもつかまることが多くなります。食堂や居間に置く家具は、こうしたときでも倒れない、安定性の高いものや、長時間座っても疲れないものを選んでください。
食卓
食卓は、食事をするのに必要な大きさのものを選ぶと同時に、つかまっても簡単に動かないよう、しっかりしたものにしましょう。台所と食堂をオープンにして使うときなど、補助具に頼らず食卓の縁などで体を支えて移動ができるので便利です。
「北側」と「水回り」は気を付けましょう。家 高く売る ←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。
椅子
食堂・居間の椅子も、一人での立ち座りや、手すり代わりにつかまっても安G、なよう、適度な重さのあるものを使いましょう。掃除のとき動かすのが楽だからと軽い椅子を選ばないようにしてください。寄りかかったときに倒れるので危険です。居間に掻く椅子は姿勢を安定させてくつろぐことができるよう、背もたれ力塙いものなどがよいでしょう。こうした椅子があれば身体機能が衰えても、日中は寝室を離れ、家族と一緒にリズムのある一日を送ることができます。なお椅子を選ぶときは、実際の座り心地を確かめて選んでください。クッション、背もたれの角度などで微妙に座り心地は違います。いくらデザインがよくても、長時間座ると疲れるものもあります。それぞれの体格に合わせ、目的に合った質のよいものを選びましょう。

使いやすい台所

FH053_L
使いやすい水栓金具
水回りの作業はいろいろな動作を伴います。手が汚れたまま使うこともあります。高鮒珊には引く力、押す力、握力力漬えてくるので、簡単に操作できるものを選びましょう。単純な一つの動作で、湯と水を混合して温度調節し、水量も変えられるシンクツレレバー式混合1蝋は使いやすいものです。レバー式なら、手が汚れていても、手首でも肘でも操作できます。
スイッチ・コンセント
換気扇・照明などのスイッチは、離れた場所についていると、使うときにわざわざ移動しなければならないので不便です。また調理台奥の壁の位置では、操作時に腕をのばさなければならず、手が自在に上げられないと使えません。調理機器に触れるなど危険なこともあります。スイッチはできるだけ使う場所の手元に設置しましょう。コンセントが使う機器の近くにないとコードが長くなり、足に引っかけるなど危険です。できるだけ使う場所の近くにコンセントがあるよう、多めに設置しましょう。
作業台
調理台、ガス台や作業台の中に、引き出しのように組み入れた台があると、物を載せる台としても、テーブルとしても使え、使用しないときにも、じやまにならず便利です。むろん元気なときでもこうした作業台は便利です。
収納
台所は食料品、調理器具、食器など、物がどうしても増えてきます。作業域を分け、よく使う物は使いやすい場所にまとめるなど、整理して考えましょう。身体機能が低下しても使える収納の工夫もあります。腰かけて作業をすると上の棚に手が届かなくなりますが、電動で上下する棚があるので、収納場所が近くに取れないときなどは、こうした方法も考えてください。元気なときでも便利です。指先の力が衰え、扉の開閉が難しくなっても楽に家事ができるよう、ワークトップの下の棚に扉をつけない方法もあります。
家具の固定方法について、改めて点検してみましょう。←こちらのサイトからたくさんの間取りや構造などを見られます。
ワゴン(キャスターつき)
調理台、ガス台や作業台の下の収納を、箱型の引き出し、ワゴン方式にすると便利です。ワゴンを引き出せば空間があくので、そこに脚が入れられ、椅子や車椅子を使って作業できます。ワゴンには調理器具や食卓で使う物をまとめて入れておけば使う場所へ楽に運べるので便利です。

使いやすく安全な調理機器

FH052_L
調理は煮炊きのため、火などの蕊噸を用います。年をとると、消し忘れ力囎え危険性力塙〈なります。そこで、高鮒明も安全に調理するために、一般に電磁調理器などが推奨されていますカミ慣れないと使えない人も多く、また、危険なこともあります。使い慣れたもので安全性の高いタイプを選ぶか、元気なうちにこうした機器に慣れてください。なお、調理するのが大変になってくると、電子レンジを使う頻度力塙〈なります。高齢期の生活にはなくてはならないものとして、配置を考えておきましょう。なお、調理機器を選ぶときは
●機能が多すぎない、シンプルなもの
●字が大きく押しボタンも大きな、操作しやすいもの
にしましょう。液晶表示は見にくい場合があります。ガス機器炎が出すぎて鍋の外側に火が回らないもの、ふきこぼれたときの立ち消え・油の過熱・空だき・焦げつきの防止など、安全機能のあるものを選びます。
電気クッキングヒーター
電磁調理器(IH)、電熱器(シーズー、エンクロ、ラジェント)、ハロゲンなど材料や概造の違いによる種類があります。炎を出さないので安全で、空気を汚しません。「裸火を使わないから安全」という理由で電気クッキングヒーターを選ぶ考え方もありますが、慣れ」は大きな問題です。安全と思って選んでも、高齢明に新しいものを使いこなせないこともあります。使える鍋が限られるとか、余熱をうまく使えるかなど、高齢者にとって使い難いこともあります。
電子レンジ
簡単に温めることができ、「消し忘れ」もなく安全です。自分で調理ができなくなったときでも、作りおきや冷凍食品の用意があれば温かい食事ができます。使いやすい場所を用意しましょう。
不動産は売買も賃貸もリフォームも、失敗しない為には多くの知識が必要です。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。
調理台とガス台の高さ
ガス台など加熱端の高さをキッチンユニッI、より一段下げると、鍋などを職せたときに見やすく、作業しやすくなります。ただし、鍋を横に移すとき持ち上げなければならないなど、作業の連続性力悪くなることもあります。日常行っている動作を考えて決めましょう。

台所・食堂・居間のポイント3

FH051_L
台所
高齢期の健康をi塒するには、毎日きちんとした食事を取ることが肝心です。そのためには、多少心身機能が低下しても、安全で楽に調理や後片づけができるような台所にしておくと、長く自立して生活できます。作業しやすいよう、自分に合った高さを選び、腰をかけて作業ができるよう考えておくとよいでしょう。新しい台所になったときには、今まで無意識にしてきた動作によって、とっさの動きも限定されます。作業台の配置は、今まで慣れてきた手順をあまり変えないで、作業力勅率的にできる流れにしましょう。
その他の不動産、リフォームに関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。
使いやすいキッチンユニット
台所とは竹業をする場所です。洗う、煮る、切るなど、さまざまな付頚をするために、火や水、いろいろな調理機器を使います。元気な時から、少々身体機能力祇下しても楽に竹業できるキッチンユニッ1、を選びましょう。私たちの経験から高齢者が台所を車椅子で使うといった事例は少ないように思えますが、万一に備えるユニットもあります。機器によっては、元気な時でも違和感のないものもあります。よく検討して計画してください。
椅子に腰かけて使えるキッチン
台所は立ち仕事が多い場所です。作業台の下の扉面を内側に下げると、椅子に座って作業ができます。腰かけて作業をすると、姿勢の安定も保てます。作業台が一般的な80cmの高さでも、少し高めの椅子を使えば逮和感がありません。こうした方法で家事を楽にできれば他人の力を借りずに長く生活できます。
車椅子で使えるキッチン
万一、車椅子で台所の作業をするようになったときでも、ワークトップの下をワゴンにしておくと簡単に対応できます。ワゴンを取れば、すぐに車椅子でも、椅子に座ってでも作業ができます。

台所・食堂・居間のポイント2

FH050_L
台所独立型(LD+K、L+D+K)
居間・食堂を静かな、落ち着いた空間として考えたいときに台所を独立させます。台所を独立させると、まな板で物を切る音、食器のぶつかる音、煮炊きするにおい、煙など、気になるにおいや音がほかの部屋に影響を及ぼすことはありません。しかし、台所で1人で働く人は閉鎖感・孤立感を感じるかもしれません。独立した台所にするときは、歩行器や軸節子が必要になったときに備え、簡単に改造できるよう間城しましょう。この場合、狭い対面式台所は設備・配符から変更しなければならないので大変です。基本的な部分は動かさずに改造できるように考えておきましょう。
DK+L型
調理する場所と食事を取る所が近いので家事の負担がl噸的軽い方式です。自立生活を続けることを優先するなら、高鮒明には向いている型といえます。この方式の欠点は、時として全体が台所化し、台所の中で食事をする印象になりかねないことです。しかし、夫婦二人で作業する広さもできるので、逆に気軽な楽しい空間になるかもしれません。テーブルは配膳、作業台、体を支える杖代わりにもなります。
ところで、不動産といえば、←こちらのサイトがお勧めです。
基本構造ワンルーム型(LDK)
LDKをワンルームに取る方式がありますが、この場合一般には、和室などを第二の居間・予備室兼用として隣接させることが多いようです。作業性はDK+L型同様高く、生活は便利です。ただし人によっては、いつだれが来るか分からない、いつも台所を片づけておかなければいけないのでかえって面倒と思うかもしれません。基本の構造をワンルームに取り、食器棚や間仕切りの戸で台所とLD、DKとLを分離する方法があります。これならば元気なときには台所を独立させ、居間・食堂はゆったりと団らんの場にできます。高齢期にはDKを続けて、動線を短く、使い勝手良く変更できます。居間は静かにくつろぐ場にも接客の場にもなるでしょう。スペースが狭いときにも有効に使うことができます。間仕切りをとるときは引き戸とし、レールも埋め込み式にします。

台所・食堂・居間のポイント1

FH049_L
台所・食堂・居間は、個室やトイレなどと違った意味で、生活の基となる所です。この部分をどのように考えるかは、人によって大きく違います。食事を例にとると、時間をかけてゆっくり団らんしながら取る人や、さっさと済ませ、その後にお茶やお酒を飲みながらくつろぐ人など様々です。たとえ夫婦二人で暮らすとしても、家族、友人、近隣とどのような関係をつくってゆくかで、必要な広さ、組み合わせは違ってきます。「いつまでも社会とつながり、いきいき暮らせる」よう、豊かな幅広い生活、安心してくつろげる毎日をおくれるように考えましょう。ここでぜひ考えてほしいの力く生活の基本として、男女ともに身の回りのことは自分でできる‐自立した生活ができるということです。そのためにも家事空間は使いやすさが大事です。仕事の流れを考えて、短い動線で作業ができるようにしましょう。万一、車椅子が必要になったときにも簡単な改造で対応できるように基本構造を考えておくことも視野に入れてください。食堂・居間は団らん、趣味、接客と多目的に使える部屋となります。家全体の広さのなかで、個室・浴室・トイレなどの空間を確保したうえで、自分の好みを生かし、生活を整理して考え、計画しましょう。
箪笥などは危ないとされておりますが、上手に固定すれば逆に家の強度が増し、重要な役割を果たします。←その他役立つ情報はこちらから。
スペースの取り方
居間(L)、食堂(D)、台所(K)の陥説は、一緒に住む家族との生活や、近所の人などとの交流、知人、子供などとのつき合い、個室との生活の切り分けをどのように考えるかで、いろいろな性格をもった生活空間としてつくることができます。まず、家全体のなかさで面積をどの程度割くか決めてから、組み合わせを考えてください。また、面積だけで考えるとLDK力踊も少なく、逆にL・D・Kを分離させる方式は広い頂噸が必要です。面稜のほか、何を優先して組み合わせるか、それぞれの機能を考えて判断してください。
台所
台所仕事が腰かけてできるよう、必要な幅や広さを確保しましょう。台所単独で広さが取れないときは、DK型やLDK型にすればよいでしょう。独立型の台所の場合は、そのままの広さでは歩行器や車椅子は使えないので、食堂に続けてオープンに使えるように配慮します。
食堂
広めの安定のよい食卓と椅子を篭けるスペースを用意します。
居間
近隣の人との親睦や、音楽を楽しむなど、時間のゆとりができたときにこそ、生かして使いたい場所です。洋式として計画するときは、ゆったりした椅子を満けるスペースを川意しましょう。個人の好みや今までの生活習悩で荊l式とする場合もあるでしょう。この場合は予備室兼用として、来客に備えることもできます。

階段昇降機とホームエレベーター

FH048_L
自分で階段を上り下りするの力猟し〈なったときには、階段昇降機やホームエレベーターなどを使い移動します。階段昇降機とホームエレベーターの特性は表にまとめてあります。家や体の状態、予算に応じて考えてください。
階段昇降機
身体機能力祇下したとき階段に取りつけ、レール上の椅子に座って移動します。自分で座れ、かつ、つかまれば立つことができ、自分で操作する判断力がある状態のときは使えます。ただし、設置するときには使える状態でも、身体機能力瓶下すると使えなくなることがあるので注意してください。工事は必要になってから1日程度ですみます。階段昇降機の中には車椅子で使えるタイプもありますが、かなり大型で、現時点では相当高価です。個人住宅には適さないでしょう。
地震が起こってからでは遅い。建物設備の地震に向けた先行投資なら、←ここから情報を探せます。
ホームエレベーター
元気なときから、身体機能が低下したときまで使用できます。自身で座る姿勢が保てないとか、歩行器を使っても不安定な場合、車椅子を使用するときなど、ホームエレベーターなら安全で楽に移動できます。荷物もいっしょに運搬できるので脚リです。ただし、エレベーターはそれ自体でも広いスペースを必要とするだけでなく、設置するときは、階段と併設しなければならないので、場所にゆとりがないとできません。普及につれ、価格も下がってきましたが、まだ200万~300万円と高額です。最近は各メーカーで開発が進み、メンテナンスが比較的簡単で、音も静かでコンパクトなものが出始めています。エレベーターは簡単に設置できません。万一のときに、エレベーターで上下階を移動したいと考える場合は、あらかじめ設置場所を計画しておきましょう。

上下階の移動2

FH047_L
蹴上げ・踏面
勾配は踏面(関技の奥行寸法)と蹴上げ(1段の高さ)の関係で決まります。勾配は緩いほうが安全ですが、ゆとりを取りすぎるとかえって歩きにくくなるので注意してください。踏面の寸法は足裏でしっかり体を支えるため、少なくとも指のつけ根まで段板があるよう23cm以上にしましょう。蹴上げは15~20cmの範囲内がよいでしょう。
ノンスリップ
踏面の先に足を滑らせないようにノンスリップを設置します。ただしノンスリップカ強に引っかかることもあるので、段板の面から飛び出さず、時間がたっても浮き上がらないよう取りつけに注意しましょう。
手すり
階段は転落事故の多い危険なところなので、できるだけ最初から両側に手すりを設置しておきましょう。体力弱ったときはもちろん、元気なときでも安心です。廊下などを歩くのと違い、階段の手すりは体を引き上げる役目があります。体重を支えるために取りつけ強度に注意し、途中で切れ目がないよう連続させましょう。手すりの始めと終わりは水平にのばし、端部は袖などが引っかからないよう曲がったものを使用するとよいでしょう。
不動産に関しては、政府の動向にもチェックが必要です。←こちらから不動産知識を養いましょう。
照明
2カ所以上に照明を設けると影が生じにくく、夜間でも安全に上り下りできるようになります。1カ所では、足元が自分の影でよく見えず、危険な場合があります。昇降口に足元灯を設ければより安全です。人が近づくと自動点灯するセンサーつきの足元灯などが便利です。

上下階の移動1

FH046_L
高齢期の住まいとしては、基本の生活部分が玄関のある1階にまとまっているのが理想です。しかし日本の住宅事情では、1階に居間と台所や洗面・浴室・トイレの水回り、2階が寝室と、上下に生活空間が分かれることが多いのです。そこで、日に何度も1階と2階を移動する必要が生じます。このような上下階の移動方法として、一般には階段を取りますが、そのほかに身体機能が低下してからは、階段昇降機や、階段と併設するエレベーターなどを使用する方法があります。それぞれの特性や経済性を把握し、万一のときの対応を考えておきましよう。
階段
足腰力弱ると、階段の上り下りが負担になり、転倒や転落などの事故が起きやすくなります。できるだけ楽に上り下りでき、また万一事故が起きても大事にならないよう、適切な階段幅や勾配を取るなど安全対策を万全にしてください。建てた後から変更することは不可能な場合が多く、できる場合でも大工事になります。気をつけてください。
形状
階段の形状としては、いくつかの形があります。平面の形状は普段の安全性とともに、将来機器を使う場合などを視野に入れて考えましょう。踏面の寸法も、途中で変わるのは危険です。やむを得ず回り階段にするときは、下の位置で回るように取ります。少なくとも3段続けた曲がりは避け、2段曲がりにしましょう。
業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。
スペース・幅
階段は安全に上り下りしやすいよう、手すりを取りつけられる幅を確保しましょう。2階に将来ケアルームとなる部屋を取るときには、階段昇降機を設置できるスペースを確保することも考えられます。

曲がりがある場合の廊下幅

FH044_L
曲がりのある廊下を車椅子で通るには、直線のときより広い1幅が必要になります。廊下の形によりますが、少なくとも一方は90cm以上必要です。限られた面績のなかで廊下幅のみ広く取ると、ほかの部分にしわ寄せが生じることにもなりかねません。車椅子などを使用する状態となったときに、曲がった廊下を通らなくても部屋から部屋へ移動できるよう、ケアルーム、トイレ、洗面、浴室や居間などの位置を計画してください。
昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。
安全に、自立して移動するための工夫
引き戸で段差のない床仕上げ
廊下から部屋へ通じる開口部は、歩行器や車椅子でも楽に通れるよう、扉は歩行器など力瀧いやすいようできるだけ引き戸にしましょう。この場合、手をはさまないよう引き残しを取ると安全です。同じく、開口部下の敷居は埋め込み式のレールなどを使用し、段差のない構造にしましょう。脚力が弱り、すり足で歩くようになって、1cmあるかないかの段差につまずき、転倒するといった今までの危険が回避されます。手すりの設置廊下から各部屋に続く、出入口扉を安定して開け閉めできるよう、縦手すり力殼置できる下地を準備しましょう。なお、足腰が弱ったときの歩行補助は、杖、歩行器の使用、車椅子の使用が考えられるので、横手すりは特別の理由がないかぎり設けなくてよいでしょう。照明夜間に廊下を通るときなど、暗くてつまずかないよう、常夜灯や足元灯を設けると安心です。こうした照明には、一晩中点灯しているものや、人の気配を察知して明かりがともるものがあります。照明のスイッチは使いやすいワイドスイッチにすると便利です。