使いやすく安全な調理機器

FH052_L
調理は煮炊きのため、火などの蕊噸を用います。年をとると、消し忘れ力囎え危険性力塙〈なります。そこで、高鮒明も安全に調理するために、一般に電磁調理器などが推奨されていますカミ慣れないと使えない人も多く、また、危険なこともあります。使い慣れたもので安全性の高いタイプを選ぶか、元気なうちにこうした機器に慣れてください。なお、調理するのが大変になってくると、電子レンジを使う頻度力塙〈なります。高齢期の生活にはなくてはならないものとして、配置を考えておきましょう。なお、調理機器を選ぶときは
●機能が多すぎない、シンプルなもの
●字が大きく押しボタンも大きな、操作しやすいもの
にしましょう。液晶表示は見にくい場合があります。ガス機器炎が出すぎて鍋の外側に火が回らないもの、ふきこぼれたときの立ち消え・油の過熱・空だき・焦げつきの防止など、安全機能のあるものを選びます。
電気クッキングヒーター
電磁調理器(IH)、電熱器(シーズー、エンクロ、ラジェント)、ハロゲンなど材料や概造の違いによる種類があります。炎を出さないので安全で、空気を汚しません。「裸火を使わないから安全」という理由で電気クッキングヒーターを選ぶ考え方もありますが、慣れ」は大きな問題です。安全と思って選んでも、高齢明に新しいものを使いこなせないこともあります。使える鍋が限られるとか、余熱をうまく使えるかなど、高齢者にとって使い難いこともあります。
電子レンジ
簡単に温めることができ、「消し忘れ」もなく安全です。自分で調理ができなくなったときでも、作りおきや冷凍食品の用意があれば温かい食事ができます。使いやすい場所を用意しましょう。
不動産は売買も賃貸もリフォームも、失敗しない為には多くの知識が必要です。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。
調理台とガス台の高さ
ガス台など加熱端の高さをキッチンユニッI、より一段下げると、鍋などを職せたときに見やすく、作業しやすくなります。ただし、鍋を横に移すとき持ち上げなければならないなど、作業の連続性力悪くなることもあります。日常行っている動作を考えて決めましょう。