台所・食堂・居間のポイント3

FH051_L
台所
高齢期の健康をi塒するには、毎日きちんとした食事を取ることが肝心です。そのためには、多少心身機能が低下しても、安全で楽に調理や後片づけができるような台所にしておくと、長く自立して生活できます。作業しやすいよう、自分に合った高さを選び、腰をかけて作業ができるよう考えておくとよいでしょう。新しい台所になったときには、今まで無意識にしてきた動作によって、とっさの動きも限定されます。作業台の配置は、今まで慣れてきた手順をあまり変えないで、作業力勅率的にできる流れにしましょう。
その他の不動産、リフォームに関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。
使いやすいキッチンユニット
台所とは竹業をする場所です。洗う、煮る、切るなど、さまざまな付頚をするために、火や水、いろいろな調理機器を使います。元気な時から、少々身体機能力祇下しても楽に竹業できるキッチンユニッ1、を選びましょう。私たちの経験から高齢者が台所を車椅子で使うといった事例は少ないように思えますが、万一に備えるユニットもあります。機器によっては、元気な時でも違和感のないものもあります。よく検討して計画してください。
椅子に腰かけて使えるキッチン
台所は立ち仕事が多い場所です。作業台の下の扉面を内側に下げると、椅子に座って作業ができます。腰かけて作業をすると、姿勢の安定も保てます。作業台が一般的な80cmの高さでも、少し高めの椅子を使えば逮和感がありません。こうした方法で家事を楽にできれば他人の力を借りずに長く生活できます。
車椅子で使えるキッチン
万一、車椅子で台所の作業をするようになったときでも、ワークトップの下をワゴンにしておくと簡単に対応できます。ワゴンを取れば、すぐに車椅子でも、椅子に座ってでも作業ができます。