階段昇降機とホームエレベーター

FH048_L
自分で階段を上り下りするの力猟し〈なったときには、階段昇降機やホームエレベーターなどを使い移動します。階段昇降機とホームエレベーターの特性は表にまとめてあります。家や体の状態、予算に応じて考えてください。
階段昇降機
身体機能力祇下したとき階段に取りつけ、レール上の椅子に座って移動します。自分で座れ、かつ、つかまれば立つことができ、自分で操作する判断力がある状態のときは使えます。ただし、設置するときには使える状態でも、身体機能力瓶下すると使えなくなることがあるので注意してください。工事は必要になってから1日程度ですみます。階段昇降機の中には車椅子で使えるタイプもありますが、かなり大型で、現時点では相当高価です。個人住宅には適さないでしょう。
地震が起こってからでは遅い。建物設備の地震に向けた先行投資なら、←ここから情報を探せます。
ホームエレベーター
元気なときから、身体機能が低下したときまで使用できます。自身で座る姿勢が保てないとか、歩行器を使っても不安定な場合、車椅子を使用するときなど、ホームエレベーターなら安全で楽に移動できます。荷物もいっしょに運搬できるので脚リです。ただし、エレベーターはそれ自体でも広いスペースを必要とするだけでなく、設置するときは、階段と併設しなければならないので、場所にゆとりがないとできません。普及につれ、価格も下がってきましたが、まだ200万~300万円と高額です。最近は各メーカーで開発が進み、メンテナンスが比較的簡単で、音も静かでコンパクトなものが出始めています。エレベーターは簡単に設置できません。万一のときに、エレベーターで上下階を移動したいと考える場合は、あらかじめ設置場所を計画しておきましょう。